読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星雲と半風子 

本の感想とか書きます。 a louse in a nebula

『サニー/レイニー/レインボー』Kindle販売してます

サニー/レイニー/レインボー

サニー/レイニー/レインボー

 

先日、Amazonに並びました!

学校でゲイだとカミングアウトした高校生×BL描きの女の子×隠れゲイ

の三人を中心とした、群像劇です〜

 

さっそくレビューもいただいてうれしい限りです。

Amazonで「藤丸心太」で検索すると、過去にやったライター仕事のやつがけっこう出て面白い。

あーこんな仕事してた。取材ちょう大変だった。てっきり匿名だと思ってたのに、これ記名だったたんだ〜。と少し感慨深かったです。編集さんたちはみんな元気にしているのかなあ……。

 

さて話戻って、少し作者解説を。

 

まず、僕は「自分がゲイだ」という自覚を持って高校を過ごしていて、そこからゲイのカミングアウト話を書きました。

 

BLは高校のころよく読んでて、すげえ面白い、あー、男の子が好きなの俺だけじゃないんだーと思って救われたので、羽咋が出てきました。もうちょっと具体的にいうと、これがWEB漫画っていうのは元ネタがあって、おくらくんの「そらいろフラッター」です。これを高校生のころに読んでたらどんな気持ちだったのかなあ、とよく考えます。能登みたいに、ずっと読んでるんじゃないかと思う。

 

親のカミングアウトは、実際に大学のころにやって、いまも進行形な感じなので、思ったよりすらすら書けました。家族へのカミングアウトというと、なんかこう、美談にされがちなのがあまり好きではなく。親もそりゃあ息子に突然そんなこと言われても納得できずぶちまけたいだろうなと思うのですよ。

 

僕は、あんまり人物のビジュアルとか考えずに、友達や俳優の顔とかぼんやり思い浮かべながら書いてるんですが、サラリーマンのお兄さんは、晋太郎くんがモデルです。さすがに作中みたいにこんな適当で節操のない人間じゃないけれど、独特のダメっぽさに癒される……という愛される男です。

「大丈夫なことなんかひとつもない。だから大丈夫」は、

 

"I'm Not Okay, You're Not Okay, and That's Okay!

(私は大丈夫じゃない。あなたも大丈夫じゃない。だから大丈夫!)

 

という英語の言葉です。

ワルダクミメガネーズという人たちが企画して出した、アンソロジーで、「IT's OK!」ってのがあるんですが(ちなみにそのアンソロジーシリーズのSF3ってのに、僕はコンドーム擬人化小説を書きました)、僕だったら"I'm Not Okay"だなあ……と思ったのがきっかけです。

七尾くんには、そういう"I'm Not OK"なところで救われてほしいなと思いました。なんかこう、友情のダークサイドとか、隠れゲイの辛さとか、そういうもの一身に背負わせてあれだったなあ……と思う。

 

この作品は、文フリとAmazonで売ってる「SUMMER CAMP vol.5」が初出なのですが、Kindle化にあたり大幅に加筆修正しています。サークルのメンバーや、友達から感想をもらったところで気になったところ、そして読み返して気になったところを直しました。大まかな流れは変わってないけれど、描写や過去の話、そしてラストは書き換えてます。

もう別物では、と思うくらい変わっている(3万字くらい追加)ですが、比較して読んだら……いかに描写とかエピソードの追加で作品が変わってくるか……というのがわかるかもしれません。